洗濯の流れ

  1. HOME
  2. 洗濯の流れ
  3. ホームクリーニングの流れ

ホームクリーニングの流れ

私たちの生活の一部であるホームクリーニング。
受付で衣料品を預けてから、実にさまざまな工程を経てみなさまのお手元に戻ります。こちらでは一般的なホームクリーニングの流れをご紹介します。

  1. 受付

    受付

    衣料の種類、状態(シミ・キズ・ほころび・ひどい汚れ)、点数とお渡し日の確認をし、伝票を発行。料金をいただきます。
    その後工場の発送準備のため、マーキング(タグの取り付け) や、ランドリー品・水洗い品・ドライ品・ウエット品・特殊シミ抜き品などに衣料を分別、仕分けを行います。

  2. 工場入荷仕分検品

    店舗から入荷した衣料を工場内で仕分け・検品します。
    衣料の色や汚れ、お渡し日など工程ごとに仕分けをし、ポケットの中を点検します。
    特殊な汚れは、専用のシミ抜き機を使用し汚れを落とします。

  3. 洗い・乾燥

    • ドライ品

      ドライ品

      水のかわりに溶剤を使い洗います。
      油性の汚れを落とすのに最適です。また、色落ちや型崩れが起こりにくい洗濯方法です。

    • ウエット(水洗い)品

      ウエット(水洗い)品

      水洗いでデリケートな衣料を洗います。高度な技術が必要とされます。

    • ランドリー品

      ランドリー品

      大型の洗濯機で、温水を使用し洗います。洗浄作用の強い洗濯方法です。

  4. 仕上げ

    仕上げ

    上着類(ジャケット・ジャンバー・コート等)や、ズボン・スカート・セーター・ネクタイなど衣料品の形や素材にごとに最適な仕上げ方法を行います。

    この時に衣料品にシミなどを確認した際は、その場で後処理工程(シミ抜き)に回します。

  5. 包装

    包装

    配送時・保管時における外部からのホコリ・汚れから守るため、また他の衣料品との仕切りとして包装します。

  6. 組み合わせ(アッセンブリー)

    組み合わせ(アッセンブリー)

    お客様の衣料の誤配・紛失を防ぐため、お客様単位(個人別)で組み合わせを行います。

    受付レジで発行された控伝票(タグナンバー・受付ナンバー・お客様名・お渡し日)を元に、衣料品の組み合わせを行います。

  7. 配送

    配送

    工場内での組み合わせ(アッセンブリー)完了後、タグ連番通りの順で誤配・紛失ゼロにて発送します。

クリーニング用語集
業務用洗濯機・クリーニング関連機器に関する用語を解説します
Movie
クリーニング関連機器についてご紹介いたします
展示会情報
アイナックス稲本が参加する展示会情報をお届けします
まずはご相談ください!
アイナックス稲本では、クリーニング業界はもちろんのこと、さまざまな業界に向けても、洗濯設備やシステムのご提案をさせていただきます。
ご相談・お問い合わせ
TEL:03-3493-5391