クリーニング用語集

  1. HOME
  2. クリーニング用語集
  3. な行

ナイロン (nylon)
米国のデュポン社が開発した世界で最初の合成繊維。
内胴 (ないどう)
ワッシャー、タンブラー等の品物をいれる回転円筒部分。その外側を外胴という。バスケットともいう。
軟水装置 (なんすいそうち)
水道水や井戸水など含まれている硬度成分を取り除き、ボイラ内部のスケールやかまどろがたまって伝熱面の熱伝導が低下したり、つまって過熱による破裂を防止する。

ニット (knit)
編物のこと。一般に編まれた服や機械編みの製品をさして、ニット品とよぶ。
乳化 (にゅうか)
液体の中にこれと溶け合わない別の液体が細粒として分散し、にごった状態。ドライクリーニング洗浄液(ソープを含む)に水をいれたり、水(洗剤を含む)に油を入れていくと発生する。

抜き物 (ぬきもの)
被洗物中の色物。昔は白物、色物を同時に洗い、漂白段階で色物を抜き出したことに由来する。
濡れ掛け (ぬれがけ)
水洗いで脱液あがりの湿った状態のものをタンブラーにかけず、そのままプレスして仕上げること。シワが伸びやすいのでワイシャツなどの仕上に行われている。

ネーム付け (ねーむつけ)

クリーニング工程の始めに行われる作業。衣服をクリーニングする前に、後の整理のために記号をつけること。マーキングともいう。現在はタッグと称する紙製の連番を打ったものを用いる。

タグ

熱交換器 (ねつこうかんき)
温度の異なる気体や液体を個体壁を介して接せしめ、両流体間で熱の移動を行わせる装置。ボイラの排熱回収器(エコノマイザー、スーパーマイザー)、スチームヒーターやクーラー、チラー、冷凍機などにこの原理を応用しているものが多い。
ネット (net)
クリーニングで引っかかり易いもの、破け易いものなどデリケートな衣料品を入れて、そのままクリーニングするのに用いられる網の袋。大きさは種々で、口をヒモでしばったり、ファスナーでとじたりするものがある。

糊付け (のりづけ)
製織準備として経糸に補強の目的でのりづけをすることと、織り上がった織物の最終仕上げとして、外観および触感をよくするために仕上げのりをつけること。のり剤の種類は繊維の種類および用途目的などにより異なるが、通常小麦粉、米粉タピオカその他のいもでんぷん、にかわ、合成のり(CMC)、ふのりなどのうち適当なものを配合して用いる。また付ける作業は室内工業では手工的に行われるが、繊維工業で工場規模のものでは、サイジングマシンを用いて行われる。ランドリーでは、でん粉糊(コーンスターチ)、PVA、CMCなどで洗たく後にのり付けするが、その目的は布に白さ、光沢、張り、耐久力を与え、汚れが布に直接つかないようにし、付着した汚れをとれやすくすることにある。ドライクリーニングで行うのり付けはドライサイジング(酢酸ビニルなどを用いる)といい、腰付の目的で行われている。

製品やサービスについてご不明な点などありましたらお電話・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
こちらに掲載している製品の他にも、当社では業務用洗濯機・乾燥機をはじめとした多数のクリーニング機器を取り扱っています。お客様のニーズを的確にとらえ、最適なクリーニング機器をご提案いたします。
アイナックス稲本は皆さまを全力でサポートします!

お電話でのお問い合わせは
03-3493-5391
受付時間 9:00~17:30 土日祝日休
メールでのお問い合わせは
ご相談フォーム
クリーニング用語集
業務用洗濯機・クリーニング関連機器に関する用語を解説します
Movie
クリーニング関連機器についてご紹介いたします
展示会情報
アイナックス稲本が参加する展示会情報をお届けします
まずはご相談ください!
アイナックス稲本では、クリーニング業界はもちろんのこと、さまざまな業界に向けても、洗濯設備やシステムのご提案をさせていただきます。
ご相談・お問い合わせ
TEL:03-3493-5391